セーレン、メキシコの自動車内装材工場が完成…世界8か国目の生産拠点

自動車 ビジネス 海外マーケット

セーレンは3月18日、メキシコ子会社のビスコテックメキシコが建設を進めていた自動車内装材の生産工場が完成したことを発表した。

ビスコテックメキシコは、完成車メーカーのメキシコ増産へ対応したシート材供給や、高付加価値商品投入による北米市場での競争力強化を目的に2014年9月に会社を設立し、2015年より新工場の建設を開始していた。

今後、2016年6月よりファブリックシート材での量産スタート、また同年10月より高付加価値商品である革を超える新素材「クオーレ」の量産スタートを予定している。

今回完成したメキシコ工場は、、日本、米国、中国、タイ、ブラジル、インド、インドネシアに次いで8か国目、24拠点目の生産工場となる。セーレングループは、今後もグローバルサプライ拠点の充実・強化を推し進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  5. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  6. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  7. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  8. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

  9. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  10. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

アクセスランキングをもっと見る