アストンマーティンとレッドブル、次世代ハイパーカーを共同製作

自動車 ニューモデル 新型車

アストンマーティンの次世代ハイパーカー(イメージ)
  • アストンマーティンの次世代ハイパーカー(イメージ)
  • アストンマーティンとレッドブルレーシング
アストンマーティンとレッドブルレーシングは3月17日、次世代ハイパーカーを共同開発すると発表した。

新ハイパーカーのプロジェクトコードネームは「AM-RB 001」。最先端のF1テクノロジーとアストンマーティンのシグネチャースポーツカーデザインの究極の融合を目指す。プロジェクトには、レッドブルレーシングのチーフテクニカルオフィサー エイドリアン・ニューウェイ氏とアストンマーティンのチーフクリエイティブオフィサー マレク・ライヒマン氏が参加。共同で新しいアストンマーティン・ハイパーカーの開発に取り組む。

今回のパートナーシップでは、レッドブルレーシング、レッドブルアドバンスドテクノロジーズ、アストンマーティンの長所が組み合わされ、世界最高の空力専門家、コンポジット専門家、製造技術マスターが集結。全当事者がその長所を最大限に発揮し、「AM-RB 001」プロジェクトを進めていく。

なお、パートナーシップ設立を記念して、2016年F1マシン「レッドブルRB12」には、アストンマーティン・ウィングが描かれる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品