国土交通省、準中型免許制度創設で運転者の指導・監督指針を見直し

自動車 社会 行政

国土交通省は、準中型免許制度の創設に備え、初任運転者に対する教育を強化するため、運転者に対する指導、監督の指針を見直す。

準中型免許制度が今年6月に創設され、2年以内に施行される予定。車両総重量が5トンから7.5トンの車両を運転できる年齢が18歳に引き下げられるとともに、事業者は対象となる運転者に対し必要な教育を実施する義務を負う。

この具体的な教育内容について、国交省がとりまとめる予定。「自動車運送事業における交通事故対策検討会」が、運転者に対する指導・監督の指針の見直しなど、必要な内容をとりまとめる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  2. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  3. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  4. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  5. パイロット、550kmの深夜ドライブ直後に乗務

  6. トライクにヘルメットはいらない…警察に不手際

  7. 宅配便の再配達削減へ、受取方法の多様化を提言…国交省の検討会

  8. 280馬力規制ついに撤廃…“行政指導”の裏事情を探る

  9. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  10. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

アクセスランキングをもっと見る