国土交通省、準中型免許制度創設で運転者の指導・監督指針を見直し

自動車 社会 行政

三菱ふそう・中型トラック ファイター
  • 三菱ふそう・中型トラック ファイター
国土交通省は、準中型免許制度の創設に備え、初任運転者に対する教育を強化するため、運転者に対する指導、監督の指針を見直す。

準中型免許制度が今年6月に創設され、2年以内に施行される予定。車両総重量が5トンから7.5トンの車両を運転できる年齢が18歳に引き下げられるとともに、事業者は対象となる運転者に対し必要な教育を実施する義務を負う。

この具体的な教育内容について、国交省がとりまとめる予定。「自動車運送事業における交通事故対策検討会」が、運転者に対する指導・監督の指針の見直しなど、必要な内容をとりまとめる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

    崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  2. 飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

    飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

  3. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

    熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  4. 路上で血を流し倒れていた男性死亡、現場にはひきずられた跡

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  7. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  8. 熊本地震、南阿蘇村へ大型車の通行が可能に…「グリーンロード南阿蘇」が復旧

  9. 280馬力規制ついに撤廃…“行政指導”の裏事情を探る

  10. トヨタが1級整備士試験問題を系列ディーラーに漏洩

アクセスランキングをもっと見る