【ニューヨークモーターショー16】最強のジャガー Fタイプ 、575馬力の「SVR」…北米初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
  • ジャガー Fタイプ SVR
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは3月16日、米国で3月23日に開幕するニューヨークモーターショー16において、ジャガー『Fタイプ SVR』を北米初公開すると発表した。

同車は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。Fタイプ SVRは、ジャガーカーズの新世代スポーツカー、『Fタイプ』の頂点に立つ高性能グレード。すでにFタイプには、「R」が存在するが、このRの上を行くパフォーマンスが追求される。

ジャガー・ランドローバーの高性能車部門、SVOがFタイプ SVRの開発を担当。5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーを、SVOがチューニング。最大出力はFタイプRの550psから、Fタイプ SVRでは575psまで引き上げられた。

また、チタン製のエグゾーストシステムを採用。これは、FタイプRのステンレス製に代わるもので、16kgの軽量化を果たす。エアロダイナミクス性能や冷却性能を向上させる改良も施された。

FタイプSVRには、クーペとコンバーチブルの2ボディを設定。動力性能はクーペの場合、0‐96km/加速が3.5秒、最高速は322km/h。米国では2017年モデルとして、今夏の発売を予定している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品