ルノー、ロシア専用 キャプチャー を投入へ

自動車 ニューモデル 新型車

ルノーキャプチャー4×4の予告イメージ
  • ルノーキャプチャー4×4の予告イメージ
フランスの自動車大手、ルノーは3月16日、ロシア市場に新型『キャプチャー4×4』を投入すると発表した。

キャプチャーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13でデビュー。ボディサイズは全長4120×全幅1770×全高1570mm。ルノーの小型クロスオーバー車として登場した。

キャプチャーは、200mmのロードクリアランスを確保し、悪路走行に対応。欧州仕様の搭載エンジンに関しては、ガソリンとディーゼルを用意した。ディーゼルの場合、CO2排出量は、最も低いモデルで95g/kmと、クラストップレベルの環境性能を実現。キャプチャーはルノーのスペイン工場で生産されている。

今回、ロシア市場への投入が発表されたのが、新型キャプチャー4×4。ルノーは、「モスクワ工場で生産し、欧州での販売計画はない」と説明していることから、ロシア専用のキャプチャーになる見込み。

ルノーは、キャプチャー4×4の予告イメージを配信。詳細については、「3月末に公表する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  5. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  8. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  9. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら