人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

5リットルV8エンジンを押さえ込む…レクサス LC500 、すべての造形の出発点

自動車 ニューモデル 新型車

デトロイトモーターショー16で初公開されたレクサスの新最上級クーペ『LC500』は、ボンネットフードをいかに低くするかという命題に、技術とデザインを集中させたという。レクサスデザイン部グループ長の森忠雄氏が、3月15日、六本木で開催されたトークショーで語った。

「低いフェンダーとフード、そこをいかに押さえ込むか。この課題こそがLC500のすべての造形の出発点だった。このフロントが上がってしまうと、全体が大きく変わっってしまう。5リットルV8エンジンを積んだ上にフードをしっかり低く押さえ込むところに苦労した。そのうえで、四隅のタイヤを強調するフェンダーの張り出しなどの造形へと続く」。

デザインにも最先端のテクノロジーが注ぎ込まれたが、それでも「地道な空間づくりの連続だった」と森氏は続ける。

「フードを低くするということは、サスペンションのアッパーアームをいかに低く押さえるかにつながる。その上に空間ができて、事故のときにフードが持ち上がるポップアップフードという機能も入れ、走行性能も確保しなければならない」。

フードのラインがリアまで延びるのではなく、Aピラーとつながる点について森氏は、「ボディの上にキャビンが乗ってるというイメージじゃなくて、フロントからリアまでの流れがインテグレートされている。そんな点も新しいレクサスの方向性」と伝えていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

    VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る