スピンしながら立ち木に衝突か、乗用車の運転者が死亡

自動車 社会 社会

13日午後10時ごろ、岩手県奥州市内の国道397号を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の立ち木に衝突する事故が起きた。この事故でクルマを運転していた24歳の男性が収容先の病院で死亡している。

岩手県警・水沢署によると、現場は奥州市胆沢区若柳付近で片側1車線の直線区間。走行中の乗用車はスピンしながら路外に逸脱。道路左側の立ち木に衝突したものとみられる。

衝突によってクルマは中破。運転していた同市内に在住する24歳の男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打などが原因で約2時間30分後に死亡している。

事故当時、路面は乾燥していた。男性は買い物へ行く途中だったとみられる。現場にはブレーキ痕もあったが、警察ではハンドル操作を誤った可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品