JAXA、「きぼう」日本実験棟での実験予定を公表…Multi Omics実験を継続

宇宙 企業動向

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の今後の予定を発表した。

宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価する「Multi Omics実験」の3回目のサンプル採取を3月8日、10日に実施、冷凍・冷蔵庫に保管した。4回目のサンプル採取を3月21日、24日に行う予定。

静電浮遊炉(ELF)初期機能確認準備作業を3月14日、15日に実施した。Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取付け作業を3月21日に行う予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

    JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  2. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

    JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  3. ロシア、2030年に月基地建設へ…探査機「ルナ」後継も

    ロシア、2030年に月基地建設へ…探査機「ルナ」後継も

  4. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  5. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  6. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  7. 防衛省、JAXAと協力して宇宙開発利用を推進へ…2015年度予算案

  8. ESA スキンタイト宇宙服を開発 2015年に軌道実証

  9. 三菱電機、通信衛星「トルコサット4B」の打ち上げに成功

  10. JAXA、ジオスペース探査衛星「ERG」の打ち上げを2016年度に先送り

アクセスランキングをもっと見る