人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAXA、「きぼう」日本実験棟での実験予定を公表…Multi Omics実験を継続

宇宙 企業動向

ISS「きぼう」日本実験棟
  • ISS「きぼう」日本実験棟
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の今後の予定を発表した。

宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価する「Multi Omics実験」の3回目のサンプル採取を3月8日、10日に実施、冷凍・冷蔵庫に保管した。4回目のサンプル採取を3月21日、24日に行う予定。

静電浮遊炉(ELF)初期機能確認準備作業を3月14日、15日に実施した。Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取付け作業を3月21日に行う予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. X線天文衛星「すざく」、スペースデブリ発生防止に向けて作業を開始…軌道寿命は2020年代前半

    X線天文衛星「すざく」、スペースデブリ発生防止に向けて作業を開始…軌道寿命は2020年代前半

  2. 「みずがめ座デルタ南流星群」を生中継 7月28日21時からウェザーニューズ

    「みずがめ座デルタ南流星群」を生中継 7月28日21時からウェザーニューズ

  3. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

    アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  4. アルマ望遠鏡で原始星を取り巻くガス円盤とガスの動きを観測成功

アクセスランキングをもっと見る