GMS、フィリピン・パサイ市と提携…与信審査を省略した車両提供サービスを拡大

自動車 ビジネス 海外マーケット

パサイ市との提携調印式の様子
  • パサイ市との提携調印式の様子
  • パサイ市との提携調印式の様子
  • パサイ市との提携調印式の様子
  • パサイ市との提携調印式の様子
モビリティIoTベンチャーのグローバルモビリティサービス(GMS)は、与信審査を省略した車両提供サービスの普及を目的に、フィリピン・パサイ市と3月16日に提携した。

パサイ市は、フィリピン首都圏のメトロマニラに位置する発展著しい新興都市。観光客等が増える一方、排気ガスが多い商用三輪車両(トライシクル)が数多く走行しており、行政側は低排出ガスの車両へ入れ替えたいという意向を強く持っている。しかし、トライシクル保有車の多くはBOP(低所得)層に属するため、車両購入時のファイナンス与信審査を通過できず、車両入れ替えが一向に進まないという状況が続いている。

GMSは、独自開発のIoTデバイス「MCCS」を車両に取り付けることで、車両の位置等情報をリアルタイムで収集するとともに、遠隔で車両を制御する技術を有している。同技術により、車両利用料金の支払いが滞った場合には対象車両を遠隔停止させるとともに、位置情報をもとに車両を確実に回収するスキームを構築。ファイナンス与信審査を省略して車両を提供するFintechサービスの提供を実現した。

パサイ市はGMSと提携し、ファイナンス与信審査を省略して車両を提供するGMSのサービスを促進することで、新型の低排出型トライシクルへの車両入れ替えを実現し、市内の大気環境を改善。さらに、トライシクルドライバーの雇用の創出、所得の上昇、生活水準の向上を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  5. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  7. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  8. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

アクセスランキングをもっと見る