最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

船舶 企業動向

ロイヤル・カリビアンは、最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表した。

9泊~11泊の日程を用意する。6月17日に広島を出発、最終下船地は6月26日の横浜、6月27日の名古屋、6月28日の大阪となる。

日本発着クルーズは、6月15日・21日出航の上海発着日本寄港クルーズを連続乗船し、日本で途中乗下船するもの。日本人コーディネーターが乗船する。

クァンタム・オブ・ザ・シーズでは、16万8000トンの新造船。船上スカイダイビング、クレーン型展望カプセル、ロボットバーテンダー、ロボットスクリーンやプロジェクション・マッピング技術を搭載したマルチメディアシアターなど、最新技術を採用した数々の施設やアクティビティを取り揃えている。

料金は横浜下船(9泊)が35万4700円(船内チップや港湾使用料、政府関連諸税など除く)から。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品