ホンダとLIXILが共同開発したコンセプトホーム、強靭化大賞を受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット

次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda
  • 次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda
ホンダがLIXIL住宅研究所と合同で2015年11月に発表したコンセプトホーム「次世代レジリエンスホーム『家+X』Powered by Honda」が、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」の特別顧問賞 古屋圭司賞を受賞した。

ジャパン・レジリエンス・アワードは、次世代に向けたレジリエンス社会構築を目的に、全国各地で展開されている強靭化(レジリエンス)に関する先進的な活動を発掘して評価し、表彰する制度。第2回となる今年度は、強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発などを実施している全国の企業・団体による応募の中から、入賞した117件が表彰された。

今回受賞したコンセプトホームは、平常時に加え、災害時にも快適な新しい暮らしの実現を目指した次世代住宅だ。LIXIL住宅研究所による「住まいの消費エネルギーゼロ」の住宅をベースに、家とつながりエネルギーを運べる電気自動車などのモビリティ、これらを効率的に運用するエネルギーマネジメントシステムなど、家と自動車とエネルギーの融合による新しい暮らしを提案。同アワード事務局より、日本でも先駆的なレジリエンスのモデルとなる住宅の開発という点で、高い評価を受けた。

ホンダの技術からは、家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを、同コンセプトホームに導入されている家庭向け熱電併給システム「エコウィルプラス」のコアユニットとして採用。さらに、V2H対応DC普通充電器「ホンダ パワー マネージャー」の採用により、ライフスタイルや時間帯に応じたエネルギーの最適制御による効率的な運用を可能にしている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品