富士急行「富士山ビュー特急」、4月23日運行開始…車内でスイーツ提供

鉄道 企業動向

富士急行の新しい特急列車『富士山ビュー特急』のイメージ。4月23日から運行を開始する。
  • 富士急行の新しい特急列車『富士山ビュー特急』のイメージ。4月23日から運行を開始する。
  • 1号車は特別料金が必要な特別車両とし、土曜・休日の2往復はスイーツプランも設定する。
富士急行は3月15日、『富士山ビュー特急』の運行開始日を4月23日に決めたと発表した。平日は1日2往復、土曜・休日は1日3往復運行する。

『富士山ビュー特急』は、富士急行線の大月(山梨県大月市)~富士山(富士吉田市)~河口湖(富士河口湖町)間で運行される新しい特急列車。車両はJR東海から譲り受けた371系特急形電車7両のうち3両を改造して使用する。

1号車は全席指定(26席)の特別車両。「ゆったりとした懐かしいホテルのような空間」で、コーヒーや紅茶などのウェルカムドリンクを楽しめるようにするという。2・3号車は自由席になる。

平日の運行時刻は、下り大月発が10時48分(5号)と14時55分(9号)、上り河口湖発が9時18分(4号)と13時00分(8号)の各2本。土曜・休日は大月発が10時48分(5号)・14時55分(9号)・17時44分(13号)、河口湖発が9時05分(2号)・13時00分(8号)・16時49分(12号)の各3本になる。いずれも大月・都留文科大学前・富士山・富士急ハイランド・河口湖の各駅に停車する。

このうち、土曜・休日の下り『5・9号』と上り『8・12号』は「スイーツプラン設定列車」。富士急ハイランドオフィシャルホテルの「ハイランドリゾートホテル&スパ」のシェフパティシエ・橋本道郎さんが手掛ける「富士山ビュー特急特製スイーツ」で1号車の利用者をもてなすという。

乗車に際しては、運賃のほかに特急料金(400円)が必要。1号車を利用する場合は、さらに特別車両料金(900円)も必要だ。都留文科大学前駅で乗下車する場合は、特急料金が200円引きになる。スイーツプランは運賃・料金等込みの4000円になる。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品