富士急行「富士山ビュー特急」、4月23日運行開始…車内でスイーツ提供

鉄道 企業動向

富士急行の新しい特急列車『富士山ビュー特急』のイメージ。4月23日から運行を開始する。
  • 富士急行の新しい特急列車『富士山ビュー特急』のイメージ。4月23日から運行を開始する。
  • 1号車は特別料金が必要な特別車両とし、土曜・休日の2往復はスイーツプランも設定する。
富士急行は3月15日、『富士山ビュー特急』の運行開始日を4月23日に決めたと発表した。平日は1日2往復、土曜・休日は1日3往復運行する。

『富士山ビュー特急』は、富士急行線の大月(山梨県大月市)~富士山(富士吉田市)~河口湖(富士河口湖町)間で運行される新しい特急列車。車両はJR東海から譲り受けた371系特急形電車7両のうち3両を改造して使用する。

1号車は全席指定(26席)の特別車両。「ゆったりとした懐かしいホテルのような空間」で、コーヒーや紅茶などのウェルカムドリンクを楽しめるようにするという。2・3号車は自由席になる。

平日の運行時刻は、下り大月発が10時48分(5号)と14時55分(9号)、上り河口湖発が9時18分(4号)と13時00分(8号)の各2本。土曜・休日は大月発が10時48分(5号)・14時55分(9号)・17時44分(13号)、河口湖発が9時05分(2号)・13時00分(8号)・16時49分(12号)の各3本になる。いずれも大月・都留文科大学前・富士山・富士急ハイランド・河口湖の各駅に停車する。

このうち、土曜・休日の下り『5・9号』と上り『8・12号』は「スイーツプラン設定列車」。富士急ハイランドオフィシャルホテルの「ハイランドリゾートホテル&スパ」のシェフパティシエ・橋本道郎さんが手掛ける「富士山ビュー特急特製スイーツ」で1号車の利用者をもてなすという。

乗車に際しては、運賃のほかに特急料金(400円)が必要。1号車を利用する場合は、さらに特別車両料金(900円)も必要だ。都留文科大学前駅で乗下車する場合は、特急料金が200円引きになる。スイーツプランは運賃・料金等込みの4000円になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

    JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  2. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

    JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  3. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

    JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  4. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  5. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  6. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  9. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  10. JR西日本『瑞風』、伯備線に乗り入れ…車窓は「伯耆富士」

アクセスランキングをもっと見る