【メルセデス Cクラスクーペ】魅力は専用設計のデザインと走行性能

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ Cクラスクーペ
メルセデス・ベンツ日本から新型『Cクラスクーペ』が導入された。その魅力はデザインとダイナミックな走行性能にあるという。

デザインは、Aピラーより後ろをクーペ専用設計とし、メルセデス最新のデザイン哲学、“モダンラグジュアリー”を体現している。

そして、ダイナミックな走行性能について。同社商品企画1課マネージャーの木下潤一氏は「セダンが先代から新型へ進化したのと同様、クーペにおいてもボディ構造やエンジン、サスペンションなどがポイントだ」という。特に「アジリティはあるが乗り心地は損なってはいないという新しいメルセデスの走りがこのクルマにも受け継がれている」と話す。更に、「レーダーセーフティーパッケージもステアリングアシストが入るなど、最新世代のものになっているのも大きな進化だ」と木下氏。

ユーザー層は、「先代Cクラスクーペはもちろんのこと、同セグメントのクーペに乗っている方にも乗っていただきたい」と木下氏。更に、「現在Cクラスセダンに乗っていて、ちょうど子供が巣立ったので、今度はクーペだという方も多く(Cクラスクーペに)移行するのでは」と述べた。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品