【メルセデスベンツ Aクラス 試乗】 180スポーツはコンセプト象徴する1台…島崎七生人

試乗記 輸入車

メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
  • メルセデスベンツ A 180 Sports
最新『Aクラス』ではAMGモデルを含め全3タイプのエンジンを設定する。そのうち基本となるのがA180系に搭載の1.6リットルで、122ps/20.4kg・mのスペックを発揮、JC08モード燃費はシリーズではイチバンの17.6km/リットルとなっている。

試乗車「A180スポーツ」は180系ではトップモデル。機能パーツでは18インチタイヤ&ホイール、フロントのドリルドベンチレーテッドディスクブレーキ&ロゴ付きキャリパーなどを装備。外観ではAMGエアロ、内装ではスポーツステアリングや運転席フルパワーシートなどが標準。乗り出しで387万円という設定だから、なかなか充実した仕様である。

またこのモデルのみ電動パワーステアリングに“ダイレクトステアリング”機能がつく。これは走行中の安定性と駐車時などのラクな操作性を両立させたもの。試したが、駐車場でスッとクルマの向きが変えられるストレスのなさを体感した。

走りだが、動力性能自体はソツなく普通といったところ。けれど足回り、ステアリングフィールはアスリート系というべきか。とくに60km/hあたりからグッとフラットになる乗り味、掌に手応えをしっかりと伝えるステアリングなどは、スポーツカーのような味付け。現行『Aクラス』はスポーツ性を強く打ち出し、広く若いユーザーへのアピールも図ってきたが、そんなコンセプトを象徴するモデルだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

    【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

  2. 【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

    【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

  3. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

    【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  4. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  5. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  6. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  7. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  8. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  9. 【ホンダ オデッセイハイブリッド 試乗】燃費も乗り心地も優秀、ファミリーの理想的なミニバン…青山尚暉

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら