高崎線、信号装置の故障で一部不通に | レスポンス(Response.jp)

高崎線、信号装置の故障で一部不通に

鉄道 企業動向

JR東日本の高崎線は、3月15日早朝に発生した籠原駅(埼玉県熊谷市)付近の信号装置の故障で、現在も一部の区間で運転を見合わせている。

JR東日本が3月15日16時時点の情報として発表したところによると、高崎線は東京~大宮間と熊谷~本庄間で運転を見合わせている。大宮~熊谷間と本庄~高崎間も、大幅な遅れと運休が発生しているという。このうち大宮~熊谷間は、夕方ラッシュ時間帯の運転本数が通常の半分程度になる見込みだ。

上野東京ラインは東海道線~高崎線の直通運転を中止。東海道線~宇都宮線の直通運転は再開した。湘南新宿ラインは新宿以北の高崎線の列車で運転を見合わせているが、新宿以南の東海道線の列車は運転を再開した。

JR東日本は高崎線が通常運転に戻るまでに「相当の時間を要する見込み」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品