人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日本特殊陶業、FCV向け水素漏れ検知センサの販売開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本特殊陶業は3月14日、燃料電池自動車(FCV)向け水素漏れ検知センサの販売を開始したと発表した。

FCVは次世代自動車として期待されている一方、水素が漏れた場合の安全確保が課題となっている。水素漏れ検知センサは、水素タンクやスタック等、燃料電池システムからのわずかな水素漏れを検知し、ドライバーに危険を知らせ、燃料電池への水素の供給をストップする。

今回販売を開始する水素漏れ検知センサは、「熱伝導式」という新しい検知方式を採用。ヒータ(検知素子)から水素が奪う熱量を計測することで水素ガスの有無を高精度に検知することを可能とした。また、新方式は化学反応を利用しないため、経時劣化が少なく、起動やレスポンスが早く、振動、衝撃にも強いという特長がある。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  9. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る