「日本郵船氷川丸」が国の重要文化財に指定…海上展示船舶で初

船舶 企業動向

日本郵船は、同社が所有する「日本郵船氷川丸」が、文化審議会文化財分科会の答申を受け、重要文化財の指定を受けることが決定したと発表した。

海上に保存されている船舶が重要文化財に指定されるのは初めて。

「日本郵船氷川丸」は、海外との輸送手段を貨客船が担っていた20世紀前半から中頃にかけて当時主要航路であるシアトル航路に就航、戦時中には病院船、戦後直後には復員船・引揚船として活躍した。1930年の竣工当時としては最新鋭の大型ディーゼル機関を搭載し、アール・デコ様式の美しいデザインが施されている。船内のインテリアは、同様式が日本に直輸入された最初の建築意匠でとなっている。今回の答申では、これらが評価された。

「日本郵船氷川丸」では、4月23日に、竣工86周年記念イベントを開催、重要文化財に指定されることを記念し当日は入館無料とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

    ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  2. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

    日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  3. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

    軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  4. 舟運社会実験「横浜=羽田=水道橋」の有料乗船参加者を募集…新船「Jetsailor号」が就航

  5. ヤマハ、SR-X DAIWAコラボレーションモデルを展示…ジャパン フィッシング フェスティバル 3月22日-24日

  6. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  7. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  8. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  9. 小笠原航路の高速船計画を推進していたテクノ・シーウェイズが破産

  10. 世界最大級客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」に決定…ロイヤル・カリビアン

アクセスランキングをもっと見る