西武鉄道、「風景に溶け込む」新型特急を導入へ…2018年度運行開始 | レスポンス(Response.jp)

西武鉄道、「風景に溶け込む」新型特急を導入へ…2018年度運行開始

鉄道 企業動向

「風景に溶け込む」ような新型特急車両のイメージ。2018年度からの運行開始を予定している。
  • 「風景に溶け込む」ような新型特急車両のイメージ。2018年度からの運行開始を予定している。
  • 現在の西武特急車両である「ニューレッドアロー」10000系。特急車両の新造は10000系以来25年ぶりになる。
  • 西武秩父線の運行開始にあわせて導入された、「初代レッドアロー」こと5000系。
西武鉄道は3月14日、新型特急車両を2018年度から2019年度にかけ、56両導入すると発表した。同社が特急車両を新造するのは10000系電車「ニューレッドアロー」以来、25年ぶりになる。

発表によると、新型特急車両の導入数は8両編成7本で、2018年度からの運行開始を予定。日立製作所が製作を担当する。デザインコンセプトは「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」の三つ。「特急だけが風景の中で目立つのではなく、風景と共にあるような特急」を目指すという。

デザインコンセプトの策定や外観・内観のデザインは、建築家の妹島和世さんに依頼した。妹島さんは「建築界のノーベル賞」と言われるプリツカー賞を受賞しており、これまでに金沢21世紀美術館(金沢市)などを手がけている。

妹島さんが鉄道車両のデザインを手がけるのは、これが初めて。「建築と一番違うのは、いろいろな場所を走ることが出来ることだと思います。秩父の山の中や都心の街の中と、いろいろな風景の中を走る特急が、やわらかく、その風と共にあるようになれたら良いなと思いました」とコメントしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品