【メルセデス Cクラスクーペ】新型発売、専用設計の美しいルーフライン…547万円から

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ C180クーペ スポーツプラス
  • メルセデスベンツ C180クーペ スポーツプラス
  • メルセデスベンツ C180クーペ スポーツ
  • メルセデスベンツ C180クーペ スポーツプラス
  • メルセデスベンツ C180クーペ スポーツ
  • メルセデスベンツ 新型Cクラスクーペ
  • メルセデスベンツ 新型Cクラスクーペ
  • 7G-トロニックプラス
  • メルセデスベンツ 新型Cクラスクーペ
メルセデス・ベンツ日本は、新型『Cクラスクーペ』を発表し、3月14日より販売を開始した。

新型Cクラスクーペは、アルミニウムハイブリッドボディのAピラーより後方を2ドアクーペ用に専用設計。流れるようルーフラインを描き出すとともに、リアにはSクラスクーペを彷彿させるデザインを採用し、スポーティさと美しさを両立した外観とした。

ボディサイズは、先代よりホイールベースを80mm、全長を65mm、全幅を30mm拡大。運転席、助手席を中心に余裕のある室内空間を創出。パワートレインは、1.6リットル4気筒直噴ターボエンジンに、7速オートマチック「7G-トロニックプラス」を組み合わせ、最高出力156ps、最大トルク250Nmを発揮する。

安全面では、全モデルにレーダーセーフティパッケージを標準装備。自動ブレーキに加え、状況に応じステアリングやアクセルも制御する部分自動運転を実現する。

価格はC180クーペ スポーツが547万円、HUDやシートヒーターを標準装備するC180クーペ スポーツプラスが585万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  7. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  10. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら