国土交通省、タクシー初乗り運賃の下限引き下げを検討…都内で実証実験

自動車 社会 行政

国土交通省は、訪日外国人の観光需要や高齢者などの日常生活需要喚起、これに伴う生産性の向上を図る観点から東京地区でタクシー初乗り運賃見直しの実証実験を実施する。

2016年度にタクシー初乗り距離の短縮に伴う初乗り運賃の引き下げを試験的に導入し、タクシーによる短距離移動の潜在需要顕在化など、効果を検証するとともに、本格導入に向けた課題を抽出する。

今年7~8月の2カ月間、東京地区(特別区・武蔵野市・三鷹市)の乗り場、地域を限定して初乗り運賃1.16km460円、加算運賃280mごとに90円のタクシーを運行する。実施するのは最大1000台。現行の初乗り運賃は2km730円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  2. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  3. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

    自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  4. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  5. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  6. ダンプ衝突で信号柱倒壊、車2台に直撃

  7. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  8. 飲酒運転の警官2人を逮捕、直前には当て逃げ事故も起こす

  9. 高速道路各社が過積載取り締まりを強化…悪質違反者初の告発も

  10. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

アクセスランキングをもっと見る