常磐自動車道の一部区間を4車線化…渋滞解消

自動車 社会 行政

国土交通省は、渋滞が問題となっている常磐自動車道の一部区間を4車線化すると発表した。

常磐自動車は、震災復興のトラックなどの影響で一部区間で渋滞が深刻になり、復興事業の遅れになると指摘されていた。

国交省では、常磐自動車道について渋滞状況を確認した上で、有識者の意見も聞きながら検討してきたが「いわき中央インターチェンジ~広野インターチェンジ」の27kmと「山元インターチェンジ~岩沼インターチェンジ」の14kmについて4車線化に着手する。震災復興・創生期間内のほぼ5年での完成を目指し、直ちに事業に着手する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

    俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  3. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

    踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  4. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  5. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  6. 事故対策補助金の申請を受け付け---先進安全自動車や運行管理を高度化など対象

  7. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  10. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

アクセスランキングをもっと見る