常磐自動車道の一部区間を4車線化…渋滞解消

自動車 社会 行政

常磐自動車道の一部区間を4車線化
  • 常磐自動車道の一部区間を4車線化
  • 国土交通省
国土交通省は、渋滞が問題となっている常磐自動車道の一部区間を4車線化すると発表した。

常磐自動車は、震災復興のトラックなどの影響で一部区間で渋滞が深刻になり、復興事業の遅れになると指摘されていた。

国交省では、常磐自動車道について渋滞状況を確認した上で、有識者の意見も聞きながら検討してきたが「いわき中央インターチェンジ~広野インターチェンジ」の27kmと「山元インターチェンジ~岩沼インターチェンジ」の14kmについて4車線化に着手する。震災復興・創生期間内のほぼ5年での完成を目指し、直ちに事業に着手する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

    伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  2. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

    崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  3. 山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

    山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

  4. 駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

  5. 飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

  6. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  7. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  8. 国土交通省、熊本地震の被災地で車検の有効期間を再延長…6月15日まで

  9. 伊勢志摩サミット警備支援の警官、非番日にはねられ死亡

  10. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

アクセスランキングをもっと見る