大西宇宙飛行士、ISSで緊急事態発生を模擬した訓練の様子を公開

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月7日(米国時間)、大西宇宙飛行士の訓練の様子を公開した。

NASA(米航空宇宙局)ジョンソンスペースセンターで、アナトーリ・イヴァニシン宇宙飛行士(ロシア)、キャスリーン・ルビンス宇宙飛行士(NASA)、リード・ワイズマン宇宙飛行士(NASA)とともに、国際宇宙ステーション(ISS)での緊急事態発生を模擬した訓練を実施し、その一部をプレス公開した。

プレス公開時には、ISS「きぼう」日本実験棟にデブリが衝突し、直径約1センチの穴が空いた想定で、穴のあいた個所の特定と急減圧に対処する訓練を行った。「きぼう」のスペシャリストである大西飛行士を筆頭に、チームワークよく作業を行い、スムーズにすべての作業を終えたとしている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品