JR東日本、国立駅西側の高架下に保育園…4月1日開園

鉄道 企業動向

保育園の外観。中央線の高架下に整備された。
  • 保育園の外観。中央線の高架下に整備された。
  • 内部は「電車の車内」をイメージしたデザインでまとめられた。
JR東日本八王子支社と同社子会社のJR中央ラインモールは3月10日、中央線国立駅(東京都国立市)の西側高架下に保育園を開設すると発表した。4月1日に開園する。

連続立体交差事業(連立事業)により高架化された中央線の高架下空間を活用する「中央ラインモールプロジェクト」の一環。発表によると、国立駅から徒歩約15分の高架下に地上1階の保育園「きたひだまり保育園」を設ける。建築面積は約600平方m。

定員は60人で、社会福祉法人国立保育会が運営する。入園手続きの問い合わせは国立市子ども家庭部児童青少年課まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る