【ホンダ オデッセイ 改良新型】1か月で目標の4倍を超える9000台を受注…7割がハイブリッド

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ オデッセイハイブリッド
  • ホンダ オデッセイハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ アブソルート ハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
ホンダは、2月5日に発売した『オデッセイ』『オデッセイ ハイブリッド』について、1か月での累計受注台数が月間販売計画の4倍以上となる9000台を超えたと発表した。

受注の内訳はオデッセイが28%、オデッセイ ハイブリッドが72%。ともに9割以上が「アブソルート」を選択している。また主なオプションの装着率は、安全運転支援システム ホンダセンシングが95%、インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器が57%、リアエンターテインメントシステムが28%となっている。

購入ポイントとしては、クラストップとなる26.0km/リットル(JC08モード)の低燃費や、スポーツ ハイブリッドi-MMDによる滑らかな加速と力強い走行性能、ホンダ センシングの装備などが挙げられている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品