インド新車販売、5%増の29万台以上…8か月連続増 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキ アルトK10
  • マルチスズキ アルトK10
  • ホンダ シティ
  • トヨタ エティオスリーバ
インド自動車工業会は3月10日、インド国内の2月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、29万6513台。前年同月比は5%増と、8か月連続で前年実績を上回った。

2月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが、インド国内で10万8115台を販売。前年同月比は0.2%増と、22か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、合計で8万7149台を販売。前年同月比は3.9%減と、2か月連続のマイナス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、2月はセグメント合計で8484台を販売。前年同月比は44.7%増と、10か月連続で増加する。

また、トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した2月のインド国内新車販売台数は、1万1215台(輸出を含む)。前年同月比は15.5%減と、6か月連続で前年実績を下回った。2月実績の1万1215台の内訳は、インド国内販売分が1万0312台。前年同月比は12.6%減と、7か月連続のマイナス。販売の主力は、引き続き『エティオス』。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した2月のインド新車販売台数は、1万3020台(輸出を除く)。前年同月比は23%減と、4か月連続の前年割れ。小型セダンの『シティ』が4880台で、5か月連続の最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が4069台で、2位に浮上した。新型を投入した『フィット』は3365台で、3位に後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  4. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】「電動過給機と燃費改善」開発中の新HVシステムを公開…UDトラックス

  7. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  8. リンカーンのSUV、米国でリコール…中国仕様車の部品を誤装着

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】車両側センサーでダンパーを可変させる電子制御サスを公開…ショーワ

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る