インド新車販売、5%増の29万台以上…8か月連続増 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキ アルトK10
  • マルチスズキ アルトK10
  • ホンダ シティ
  • トヨタ エティオスリーバ
インド自動車工業会は3月10日、インド国内の2月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、29万6513台。前年同月比は5%増と、8か月連続で前年実績を上回った。

2月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが、インド国内で10万8115台を販売。前年同月比は0.2%増と、22か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、合計で8万7149台を販売。前年同月比は3.9%減と、2か月連続のマイナス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、2月はセグメント合計で8484台を販売。前年同月比は44.7%増と、10か月連続で増加する。

また、トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した2月のインド国内新車販売台数は、1万1215台(輸出を含む)。前年同月比は15.5%減と、6か月連続で前年実績を下回った。2月実績の1万1215台の内訳は、インド国内販売分が1万0312台。前年同月比は12.6%減と、7か月連続のマイナス。販売の主力は、引き続き『エティオス』。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した2月のインド新車販売台数は、1万3020台(輸出を除く)。前年同月比は23%減と、4か月連続の前年割れ。小型セダンの『シティ』が4880台で、5か月連続の最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が4069台で、2位に浮上した。新型を投入した『フィット』は3365台で、3位に後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

    マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  4. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  5. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  6. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  7. 合成油のパイオニア、冬に強い「モービル1」…選ばれる理由とは

  8. 【インタビュー】マツダ 福原和幸常務執行役員 「進化のアクセラから反転攻勢」

  9. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

  10. 【プロに聞くタイヤ選び】燃費、安全、快適性…現状の不満点から考えるベストなタイヤとは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら