インド新車販売、5%増の29万台以上…8か月連続増 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキ アルトK10
  • マルチスズキ アルトK10
  • ホンダ シティ
  • トヨタ エティオスリーバ
インド自動車工業会は3月10日、インド国内の2月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、29万6513台。前年同月比は5%増と、8か月連続で前年実績を上回った。

2月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが、インド国内で10万8115台を販売。前年同月比は0.2%増と、22か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、合計で8万7149台を販売。前年同月比は3.9%減と、2か月連続のマイナス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、2月はセグメント合計で8484台を販売。前年同月比は44.7%増と、10か月連続で増加する。

また、トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した2月のインド国内新車販売台数は、1万1215台(輸出を含む)。前年同月比は15.5%減と、6か月連続で前年実績を下回った。2月実績の1万1215台の内訳は、インド国内販売分が1万0312台。前年同月比は12.6%減と、7か月連続のマイナス。販売の主力は、引き続き『エティオス』。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した2月のインド新車販売台数は、1万3020台(輸出を除く)。前年同月比は23%減と、4か月連続の前年割れ。小型セダンの『シティ』が4880台で、5か月連続の最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が4069台で、2位に浮上した。新型を投入した『フィット』は3365台で、3位に後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  3. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  4. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  5. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  6. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  7. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  8. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  9. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  10. 日野 梶川専務常務、「国内トラック、バス需要は足もと強含み」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら