メルセデス Cクラス、米国でリコール…サンルーフ脱落の恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

メルセデスベンツ Cクラス(米国仕様)
  • メルセデスベンツ Cクラス(米国仕様)
ドイツの高級車、メルセデスベンツの主力車種、『Cクラス』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、Cクラスに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、サンルーフの不具合が原因。NHTSAによると、Cクラスのパノラマサンルーフのガラスの接着が不充分で、最悪の場合、ガラスが脱落する恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2016年モデルの「C300」、「C300 4マチック」、「C450 AMG 4マチック」。

メルセデスベンツUSAでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で点検を行い、サンルーフのガラスパネルを交換するリコール作業を実施する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

    ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  2. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  5. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  6. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  7. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  8. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  9. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら