BMW X5/X6、レーンチェンジウォーニングとアクティブプロテクションを標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

BMW X5
  • BMW X5
  • BMW X6
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『X5』および『X6』に、レーンチェンジウォーニングとアクティブプロテクションを新たに標準装備し、3月10日より販売を開始した。

X5とX6は、衝突回避・被害軽減ブレーキやレーンディパーチャーウォーニング、アクティブクルーズコントロールなど、各種安全支援機能をすでに標準装備しているが、今回さらに装備の充実化を図る。

新たに標準装備するレーンチェンジウォーニングは、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線から急接近してくる車両をドライバーに警告。安全な車線変更をサポートする。

アクティブプロテクションは、衝突の危険性を検知した場合に、フロントのシートベルトを引き締めるとともに、開いているウインドーやオプションの電動サンルーフを自動的に閉め、乗員を保護。さらに、事故発生時には、システムが車両を停止させ、さらなる衝突の防止または被害を最小限に抑える。加えて、システムが運転中のステアリング操作や車速などをもとにドライバーの疲労を判断し、コントロールディスプレイにて休息を促すことで、安全なドライブにも貢献する。

価格はX5が865万円から1598万円。X6が922万円から1625万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. 【パリモーターショー16】オペル アンペラe 市販版を公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら