人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

北海道へのクルーズ船寄港見通し、2016年はのべ102回と予想…48%増

船舶 企業動向

北海道クルーズ振興協議会は、クルーズ客船の2016年道内寄港回数が延べ102回、前年比47.8%増と、寄港回数から大幅に増加する見込みを発表した。年間寄港回数100回超えは2014年以来、2回目となる。

日本船の寄港予定は55回、同44.%増、外国船の寄港予定が47回、同51.6%増と、日本船、外国船とも大幅に増加する見込み。

船別の寄港回数では、今年も定点クルーズを実施する「にっぽん丸」が24回で最も多く、次いで、外国船の「ダイヤモンド・プリンセス」が21回、「飛鳥II」が16回の順。

外国船で最も多く寄港する「ダイヤモンド・プリンセス」は、2015年実績の14回から21回へと大幅に増加する。今年世界一周クルーズを実施しないこととなった「飛鳥II」の寄港が前年の5回から16回へ大幅に増加する。

昨年、中国からの買物客を乗せ、博多港や境港など、日本に初寄港したアジア最大級の大型クルーズ客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は2016年、道内では初めて、6月と12月の2回、室蘭港に寄港する予定。

このほか、4月17日に小樽港に「クリスタル・セレニティ」、5月20日に室蘭港に「コスタ・ビクトリア」、5月24日に室蘭港に「ル・ソレアル」、6月24日に室蘭港に「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」、10月18日に函館港に「コスタ・アトランティカ」がそれぞれ北海道に初入港する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

    最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  2. アメリカ海軍、横須賀に配備されたばかりの空母ロナルド・レーガンを公開[写真蔵]

    アメリカ海軍、横須賀に配備されたばかりの空母ロナルド・レーガンを公開[写真蔵]

  3. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

    新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  4. 【トヨタ PONAM-31 発売】船体はアルミ、コストをかけてでもこだわった走行性能

  5. 「氷川丸」重要文化財に正式指定…記念展示12月25日まで

  6. ヤマハ発動機、4ストローク船外機「F115B」を開発…排気量拡大と軽量化両立

  7. 日産マリーン、3月末で舟艇とエンジンの販売を終了

  8. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  9. スマホアプリで船舶事故防止---国交省が実証実験へ

  10. 東日本大震災の津波で5000km流されたマリンジェット、ヤマハが修復

アクセスランキングをもっと見る