人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

海上保安庁、118番通報の99%以上がイタズラや間違い電話

船舶 行政

海上保安庁は、「118番重点広報月間」の結果を発表した。

海保では、1月18日から2月18日までの1カ月間を「118番重点広報月間」と位置づけ、全国的に周知活動を展開してきた。

この結果、118番の総通報件数は3万3436件で、このうち、船舶海難などの有効件数は257件と全体の0.77%にとどまった。イタズラや間違い電話などの非有効件数は3万3179件で、全体の99.23%を占めた。

海保では緊急通報用電話番号「118番」の周知と適切な使用を呼びかけていくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 三菱重工、総客室数1643室の大型客船をアイーダ・クルーズに引き渡し…当初計画から1年遅れ

    三菱重工、総客室数1643室の大型客船をアイーダ・クルーズに引き渡し…当初計画から1年遅れ

  2. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

    国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  3. 海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

    海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

  4. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  5. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  6. 川崎近海汽船、RORO船による清水港=大分港航路の就航を検討

  7. 海上保安庁、おがさわら丸船内に「未来に残そう青い海」の図画作品を展示

  8. 商船三井フェリー、「さんふらわあ だいせつ」が復帰…安全設備を増設

  9. 小型船舶でのライフジャケット着用義務付け範囲を拡大へ…動きやすいジャケットを開発

  10. 臨海副都心に新たな客船ふ頭…世界最大級のクルーズ客船に対応

アクセスランキングをもっと見る