ポナンが運航する外航客船「ル・ソレアル」が東京港に初入港…4月3日

船舶 企業動向

東京都港湾局は、4月3日に外航客船「ル・ソレアル」が東京港晴海ふ頭に初入港すると発表した。

「ル・ソレアル」は、フランスのポナンが運航するクルーズ客船で、船名はフランス語で「太陽」を表す「ル・ソレイユ」と、ヘブライ語で「道を切り拓く」という意味の「ソラル」を組み合わせて名付けられた。総トン数は1万0944トンで乗客定員は264人。

ポナンのクルーズ客船は、食通のための船「ガストロノミック・シップ」と称されるこだわりの食事と、スモールシップならではのアットホームな雰囲気が特色。

今回、4月3日朝に東京港へ初入港して、7時に着岸、同日23時59分に東京港を出港して次港の下田港を目指す予定。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品