【アウディ Q7 新型】3月16日より国内発売、新設定の2リットルモデルは804万円

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
アウディ ジャパンは、初のフルモデルチェンジとなる最上級SUVモデル、新型『Q7』を3月16日より発売すると発表した。

新型Q7はアルミ素材を随所に使用するなど、初代比で車両重量を最大300kg削減。同時にCd値も最高0.31を達成するなど、走行抵抗を大幅に減らし、運動性能、燃費効率を改善した。ボディサイズは、初代と比べると若干小さくなったものの、室内長は大きくなって、キャビンの居住性を改善した。

エクステリアは、筋肉質で力強さが感じられる新しいデザインを採用。Qシリーズトップモデルにふさわしい堂々たる佇まいを実現している。一方インテリアでは、プレミアムSUVとしてのエクスクルーシブな上質感とともに、視覚的な軽快感、スポーティ感が強調されている。

エンジンは2タイプのスーパーチャージャー付き直噴ガソリンエンジンを用意。最高出力は、Q7シリーズ初の4気筒となる2.0リットルが252ps、V6 3.0リットルが333ps。小型軽量化した8速ティプトロニックとクワトロシステムとの組み合わせで、卓越した運動性能とクラストップレベルの燃費効率を両立する。JC08モード燃費は3.0 TFSIで11.7km/リットル、2.0 TFSIは12.6km/リットル。

安全面では、自動ブレーキを含めた「アウディプレセンス シティ」、衝突の危険を察知して前席シートベルトのテンションを高める「アウディプレセンス ベーシック」、車線維持を助ける「アウディアクティブレーンアシスト」、駐車時のステアリング操作を助ける「パークアシスト」などの安全支援機能を全モデル標準装備する。

さらに、フルデジタルメーターのアウディバーチャルコクピット、大型タッチバッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にしたアウディ コネクトといった先進装備を採用する。

価格は2.0TFSIクワトロが804万円、3.0TFSIクワトロが929万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

    生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  2. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  3. ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

    ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

  4. トヨタ、C-HR 欧州仕様車のインテリアデザインを公開

  5. アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

  6. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  7. BMW X3/X4、ドライバー支援システムやレザーシートなどを標準装備化

  8. シトロエン C3 新型、コンピュータ設計画面が見えた…6月29日発表直前

  9. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

  10. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

アクセスランキングをもっと見る