西日本の日本海側や北日本で3月9日に部分日食…東南アジアの皆既日食は生中継

宇宙 エンタメ・イベント

皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
ウェザーニューズは、部分日食が観測できる3月9日の日本の天気予想を発表した。

日本では部分日食となり、東京では日本時間3月9日10時12分から12時05分にかけて観察できる。日本で部分日食を見られるのは、2012年の金環日食以来、4年ぶり。

3月9日は全国的に雲が広がりやすい天気だが、低気圧や前線から離れた北日本と西日本の日本海側を中心に観測できる見込み。

特に北海道の太平洋側では「晴れてバッチリ観察できるチャンス」としている。

東南アジアでは、皆既日食が観測できる。このため、同社では日本時間3月9日8時から24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」でインドネシアから生中継する。

国立天文台によると、インドネシア(ブリトゥン島タンジュンパンダン)で日本時間3月9日9時23~25分頃、皆既日食が観察できる。番組は、日本時間3月9日8~10時にインターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト「皆既・部分日食2016」やYouTubeなどを通して配信する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

    薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

  2. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

    ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  3. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

    アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  4. JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

  5. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  6. 初検出された重力波は宇宙誕生直後に形成した原始ブラックホール…東京大学などの研究チーム

  7. JAXAなど、太陽観測衛星「ひので」による部分日食の画像を公開

  8. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

  9. ウェザーニューズ、「月面X」を動画サイトで生中継…6月12日20時から

  10. 超高速インターネット衛星「きずな」で農場や漁場向けIoT検証実験へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら