西日本の日本海側や北日本で3月9日に部分日食…東南アジアの皆既日食は生中継

宇宙 エンタメ・イベント

皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
ウェザーニューズは、部分日食が観測できる3月9日の日本の天気予想を発表した。

日本では部分日食となり、東京では日本時間3月9日10時12分から12時05分にかけて観察できる。日本で部分日食を見られるのは、2012年の金環日食以来、4年ぶり。

3月9日は全国的に雲が広がりやすい天気だが、低気圧や前線から離れた北日本と西日本の日本海側を中心に観測できる見込み。

特に北海道の太平洋側では「晴れてバッチリ観察できるチャンス」としている。

東南アジアでは、皆既日食が観測できる。このため、同社では日本時間3月9日8時から24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」でインドネシアから生中継する。

国立天文台によると、インドネシア(ブリトゥン島タンジュンパンダン)で日本時間3月9日9時23~25分頃、皆既日食が観察できる。番組は、日本時間3月9日8~10時にインターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト「皆既・部分日食2016」やYouTubeなどを通して配信する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  2. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  3. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

    「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

  4. 宇宙業界で働く女性の現状…JAXA講演会に山崎直子宇宙飛行士ら登壇

  5. au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

  6. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  7. ISS、米国が船外活動が無事に完了…油井宇宙飛行士が支援

  8. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  9. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  10. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

アクセスランキングをもっと見る