西日本の日本海側や北日本で3月9日に部分日食…東南アジアの皆既日食は生中継

宇宙 エンタメ・イベント

皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
ウェザーニューズは、部分日食が観測できる3月9日の日本の天気予想を発表した。

日本では部分日食となり、東京では日本時間3月9日10時12分から12時05分にかけて観察できる。日本で部分日食を見られるのは、2012年の金環日食以来、4年ぶり。

3月9日は全国的に雲が広がりやすい天気だが、低気圧や前線から離れた北日本と西日本の日本海側を中心に観測できる見込み。

特に北海道の太平洋側では「晴れてバッチリ観察できるチャンス」としている。

東南アジアでは、皆既日食が観測できる。このため、同社では日本時間3月9日8時から24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」でインドネシアから生中継する。

国立天文台によると、インドネシア(ブリトゥン島タンジュンパンダン)で日本時間3月9日9時23~25分頃、皆既日食が観察できる。番組は、日本時間3月9日8~10時にインターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト「皆既・部分日食2016」やYouTubeなどを通して配信する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  3. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

    130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  4. X線天文衛星「ひとみ」、分離するまでの推定メカニズムを公表…回転していると誤って自己判断

  5. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  6. ガリレオ測位衛星、打ち上げ後に軌道投入に失敗[動画]

  7. 防衛省、Xバンド防衛通信衛星3号機用中継器や宇宙監視システムを整備…2016年度

  8. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  9. 精密測量機器メーカーが本気でドローンを作るとこうなる…JAVAD GNSS『TRIUMPH-F1』

  10. JAXAなど、太陽観測衛星「ひので」による部分日食の画像を公開

アクセスランキングをもっと見る