西日本の日本海側や北日本で3月9日に部分日食…東南アジアの皆既日食は生中継

宇宙 エンタメ・イベント

皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
  • 皆既・部分日食2016
ウェザーニューズは、部分日食が観測できる3月9日の日本の天気予想を発表した。

日本では部分日食となり、東京では日本時間3月9日10時12分から12時05分にかけて観察できる。日本で部分日食を見られるのは、2012年の金環日食以来、4年ぶり。

3月9日は全国的に雲が広がりやすい天気だが、低気圧や前線から離れた北日本と西日本の日本海側を中心に観測できる見込み。

特に北海道の太平洋側では「晴れてバッチリ観察できるチャンス」としている。

東南アジアでは、皆既日食が観測できる。このため、同社では日本時間3月9日8時から24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」でインドネシアから生中継する。

国立天文台によると、インドネシア(ブリトゥン島タンジュンパンダン)で日本時間3月9日9時23~25分頃、皆既日食が観察できる。番組は、日本時間3月9日8~10時にインターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト「皆既・部分日食2016」やYouTubeなどを通して配信する。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品