文化財的価値なし…都心に残る有人改札、駅改修とともに消えるか

鉄道 企業動向

都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 市ヶ谷駅は都営新宿線とJR中央線・東京メトロ有楽町線南北線を連絡する「地下鉄のりかえ専用口」に有人改札の囲い(ラッチ)が置いてある。こちらは現役で活躍中
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
  • 都営三田線日比谷駅にある有人改札(ラッチ)。現在は使用されていない
東京都内の鉄道駅改札口には、そのほとんどで自動改札機が導入されているが、都心に有人改札がわずかに残っている。都営地下鉄三田線の日比谷駅に現存するスチール製の「ラッチ」もそのひとつだ(写真20枚)。

都などは、この日比谷駅のラッチについて「文化財として残す予定はない」「日比谷駅の改修にあわせて撤去される予定」と話していた。

現場は都営三田線ホームのすぐ上、地下1階部分。自動改札機の横に、スチール製で銀色の“箱”が2つ残っている。「年間を通してこのラッチのなかに駅員が立つこともない」(駅員)ということで、枠のなかにはきっぷにパチンとハサミを入れたあとの紙片など、その痕跡はない。きれいな状態で放置されている。都は、「この日比谷駅のほかに、もうひとつ有人改札がある」と教えてくれた。

「市ヶ谷駅にまだ残っている。都営新宿線とJR中央線・東京メトロ有楽町線南北線を連絡する『地下鉄のりかえ専用口』に有人改札のラッチがある。こちらは現役で、都営の職員が立っている」

大手町や銀座の地下鉄改札口周辺は、日比谷駅にある役目を終えたラッチのような珍物件がほかにもある。SFメトロカードの回収箱や内線電話、パタパタまわるフラップ回転式カレンダーの前では、その懐かしい姿を写真に収めようとする利用者の姿があった。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

    JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  2. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

    JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  3. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

    JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  4. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  5. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  6. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  7. 新型特急E353系、「空気ばね式車体傾斜」採用で変化は…外観と技術を見る

  8. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  9. 東武鉄道の東上線で脱線事故…台車に亀裂

  10. 千葉県知事、複々線化は「有力な手段の一つ」…京葉線の輸送力増強

アクセスランキングをもっと見る