日産、「赤ちゃんを泣きやませる」ドライブミュージックを無料配信 | レスポンス(Response.jp)

日産、「赤ちゃんを泣きやませる」ドライブミュージックを無料配信

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

日産自動車は、赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」と「パピプペポロリン」を制作し、3月7日より定額制音楽配信サービス「AWA」を通じて無料配信を開始した。

「ココニイルヨ」と「パピプペポロリン」は、放送作家で日産ソーシャルメディアプロジェクト 「にっちゃん情報局」編集長である、鈴木おさむ氏が作詞。全国のママとパパに、赤ちゃんを泣きやませるときや寝かしつけるときに使っているフレーズを募集し、集まった900件以上のことばを参考に、鈴木おさむ氏独自の視点で編集して制作したオリジナル楽曲だ。

楽曲は、赤ちゃんが興味を持ち易いと言われる5000~6000ヘルツの高い周波数を中心に作曲。ドライブ中、赤ちゃんが泣きだしたり愚図ったりしてしまった時にこの楽曲を流すことで、赤ちゃんが泣き止み落ち着く効果が期待できるという。

「ココニイルヨ」は始めに高い周波数の音で赤ちゃんの興味を引き、その後徐々に周波数を下げることで赤ちゃんを落ち着かせ、時間をかけて泣いている状態を沈静化させる。また「パピプペポロリン」は、赤ちゃんの持つ「いろいろな音に反応しやすい」という特性を利用し、赤ちゃんが興味を持つ音で刺激を与え、赤ちゃんを覚醒化し、泣きやませるという。

対象年齢は生後半年から2歳未満を想定。楽曲は、定額制音楽配信サービス「AWA」で無料配信し、その後、日産ホームページ内からも3月下旬より無料でダウンロードできる予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品