【ジャパンボートショー16】ドイツ生まれのトライク登場、エンジンはプジョーの2リットル | レスポンス(Response.jp)

【ジャパンボートショー16】ドイツ生まれのトライク登場、エンジンはプジョーの2リットル

自動車 ニューモデル 新型車

パフォーマンスブラザーズが輸入販売するルバコ社製のトライク
  • パフォーマンスブラザーズが輸入販売するルバコ社製のトライク
  • ザーズが輸入販売するルバコ社製のトライク
  • ザーズが輸入販売するルバコ社製のトライク
  • ザーズが輸入販売するルバコ社製のトライク
豪華なボートが並ぶ「ジャパンインターナショナルボートショー2016」で驚くような乗り物を発見した。それはパフォーマンスブラザーズ(本社・神奈川県横浜市)が展示したトライクで、横にあるゴールドウィングのトライクが子どものように感じる大きさなのだ。

全長3560mm、全幅1870mm、全高1290mmで、車両重量が810kg。エンジンはプジョーの水冷直列4気筒2000ccを搭載し、最高速度は200km/h。3人乗りでシートベルトまでついている。また、車両の下には側面衝突された際に衝撃が吸収できるようにと鉄パイプを加工したものが備わっている。

「これはドイツのルバコ社から輸入して販売しているもので、価格は798万円になります。これまでに2台を納車しました」とパフォーマンスブラザーズの関係者は話す。購入者は年配者とのことだ。

同社はトライク専門の会社で、「大型のトライクは景気の波を受けずに根強い人気があるので、ボートを所有しているオーナーに見てもらいたい」とこの展示会に6年ぶりに出展したそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品