さいたま市、EV用急速充電器を有料化…NCSと提携

エコカー EV

さいたま市は、3月から電気自動車用急速充電器の利用を有料にしたと発表した。

同市では、電気自動車普及施策「E-KIZUNA Project」を推進しており、民間と協力も受けて市内の充電器設置は約160基にまで整備された。

このうち、市が設置した11基の急速充電器はこれまで、無料で提供していたが、受益者負担の観点や、民間で設置している急速充電器の有料化が進んできていることを考慮し、充電サービスを3月から有料化した。

市では、1枚の充電カードで全国一律のサービスが受けられるよう、日本充電サービス(NCS)と提携した。市が設置した急速充電器は、NCSカードで利用できる。カードを持たない場合、設置場所に応じて、1回30分500円や、初めの5分まで270円(以降1分54円)、初めの10分まで200円(以降1分15円)など、設定料金が必要となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

    【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

    ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  4. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  5. ポルシェ、新型スポーツカーでEV市場に参入

  6. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  7. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  8. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  9. 【見積もりとってみた】日産 リーフ、「LEAF to Home」セットで実質391万円

  10. アウディ、EVで新車攻勢…2018年から毎年新型車投入へ

アクセスランキングをもっと見る