VW、決算発表と株主総会の日程を発表…排ガス問題で延期

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEO
  • フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEO
  • フォルクスワーゲンのドイツ本社
排ガス不正問題の影響で、2015年通期決算の発表と年次株主総会の開催を延期していたフォルクスワーゲングループ。同社が、両イベントの日程を公表した。

これは3月4日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「2015年の通期決算は4月28日に発表。年次株主総会は6月28日に開催する」と公表している。

当初、フォルクスワーゲングループの通期決算は、3月10日に発表される予定だった。また、年次株主総会は、4月21日を計画していた。

しかし、排ガス不正問題を受けて、フォルクスワーゲングループは世界的規模でのリコール(回収・無償修理)や、損害賠償請求への対応を迫られることに。この問題への対応費用が財務面に与える影響を算出するには、かなりの時間を要するため、決算発表と年次株主総会の延期を決めていた。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品