クルマに猫が隠れていた、7人に1人が回答…全国一斉猫バンバン調査

自動車 ビジネス 国内マーケット

#猫バンバン
  • #猫バンバン
  • #全国一斉猫バンバン調査
  • #全国一斉猫バンバン調査
  • 「#猫バンバン」オリジナルマグネットステッカー
  • #猫バンバン
日産自動車は、これまで明らかになっていない冬の猫の被害実態を調べるため、2月22日 猫の日に「#全国一斉猫バンバン調査」と題したアンケート調査を実施。その結果を発表した。

「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクション。毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけている。

調査結果によると、猫バンバンしたときに猫がいた割合は14%。猫がいた場所のトップは車の下で、以下、タイヤのそば、ボンネット上、ボンネットの中、屋根の上の順だった。また、地域別では近畿・中国地方が19%でトップ。以下、関東・中部地方16%、四国・九州地方12%、北海道・東北地方10%が続いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  2. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  5. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  6. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  7. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  8. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  9. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  10. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら