ヤマハ発動機、ハイパフォーマンスのマリンジェットを6年ぶり日本市場へ投入 | レスポンス(Response.jp)

ヤマハ発動機、ハイパフォーマンスのマリンジェットを6年ぶり日本市場へ投入

船舶 企業動向

マリンジェット「MJ-FZR SVHO」
  • マリンジェット「MJ-FZR SVHO」
ヤマハ発動機は、ハイパフォーマンスのマリンジェット「MJ-FZR SVHO」を4月1日に発売開始する。

「MJ-FZR SVHO」は、北米市場の人気モデルで、今回マリンジェット発売30周年記念モデルとして6年ぶりに国内市場に導入をする2シーター(2人乗り)のハイパフォーマンス・スポーツモデル。

ヤマハ独自技術である超軽量素材「ナノエクセル2」を採用した高性能艇体に、排気量1812ccのスーパーチャージャー付きエンジンを搭載するなど、加速性能と旋回性能を高め、走ることの楽しさ、操ることの楽しさを追求した。

また、ライディングポーズによってステアリングの高さを調整できる「テレスコピック・ステアリング」、走行や旋回、海面の状況に応じてノズル角度をシフト操作でコントロールできる「ヤマハQ.S.T.S.(クイック・シフト・トリム・システム)」、エンジンの最高回転数を通常時の約90%に抑える「L-モード」などを装備する。

販売計画は60台。価格は216万0600円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品