【ジャパンボートショー16】24kgを切る軽さで、5/6馬力船外機の国内シェア30%めざす…スズキ

船舶 企業動向

スズキマリンのブース
  • スズキマリンのブース
  • 4月以降順次発売される新型エンジン。軽量で3方向における
  • カウルがマッドブラック仕様の150馬力エンジン
  • スズキマリンのFAVAS
  • スズキのフィッシングボート X24
  • 250馬力エンジン
  • スズキマリンのブース
スズキマリンのブースは、昨年発表したFAVASとメインとしたフィッシングボートと各種船外機の展示で、釣りマニアの注目を集めていた。

新製品は、1月デュッセルドルフのボートショーで発表した5馬力、6馬力のニューモデル DF5A/DF6Aの2つで、実機が展示されていた。5馬力のDF5Aが4月20日発売予定。6馬力のDF6Aは1か月後の5月20日の予定だ。最大の特徴は24kgを切るという軽さだろう。取り付け、移動、保管などを考えると船外機は軽いにこしたことはない。また、保管時に置く向きを気にする必要もない。スクリューの向きや寝かせる方向をあまり気にせず、上向き、左右と3方向に倒して置くことができる。

これらのエンジンはスズキのタイ工場で生産されるといい、メーカー希望小売価格はDF5Aが13万円から、DF6Aが14.3万円からと決まっているそうだ。

スズキではDF5A/6Aの新製品で、5馬力、6馬力の船外機の国内シェアのうち30%獲得を目指しているという。

150馬力のエンジンでは、カウルのカラーがマットブラック仕様になったDF150STが展示してあった。近年、ボートビルダーが、エンジンのカラーをオリジナルメーカーのカラーリングから、船体と同じ色に変更したりコーディネートしたりする動きが流行っているが、エンジンメーカーもカラーリングを意識するようになってきたようだ。
《中尾真二》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品