大井川鐵道、フリー切符などリニューアル…2種類に集約

鉄道 企業動向

大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の普通列車。
  • 「せっそ・すまた周遊きっぷ」では写真の井川線も利用できる。
大井川鐵道は3月3日、同社が発売しているフリー切符などをリニューアルすると発表した。新たに発売する「大井川本線フリーきっぷ」「せっそ・すまた周遊きっぷ」に集約する。

3月12日から発売される「大井川本線フリーきっぷ」は、現在の「大井川自由きっぷ」に相当するフリー切符。大井川本線金谷~千頭間を2日間、自由に乗り降りできる。発売額は大人3440円・子供1720円で、新金谷~千頭間の往復運賃と同額。「自由」より大人180円・子供90円安い。急行料金は別途支払う必要がある。

「せっそ・すまた周遊きっぷ」は3月19日から発売。大井川本線と井川線千頭~接岨峡温泉間、路線バスの寸又峡線・閑蔵線を自由に乗り降りできる。2日間用と3日間用があり、発売額は2日間用が大人3900円・子供1950円、3日間用が大人4900円・子供2950円。こちらも急行料金は別途支払う必要がある。現在運休中の井川線接岨峡温泉~井川間が再開した場合は井川線を全線利用できるようにし、発売額も変更する予定だ。

これに伴い、「大井川自由きっぷ」は3月11日限りで販売を終了。「大井川全線フリーきっぷ」「接岨・閑蔵周遊券」なども3月18日限りで販売を終了する。「川根温泉ふれあいの泉クーポン」は引き続き販売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  2. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  3. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

    JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  4. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  5. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  6. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発SL列車の運転で記念切符発売

  7. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  8. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  9. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  10. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

アクセスランキングをもっと見る