大井川鐵道、フリー切符などリニューアル…2種類に集約

鉄道 企業動向

大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の普通列車。
  • 「せっそ・すまた周遊きっぷ」では写真の井川線も利用できる。
大井川鐵道は3月3日、同社が発売しているフリー切符などをリニューアルすると発表した。新たに発売する「大井川本線フリーきっぷ」「せっそ・すまた周遊きっぷ」に集約する。

3月12日から発売される「大井川本線フリーきっぷ」は、現在の「大井川自由きっぷ」に相当するフリー切符。大井川本線金谷~千頭間を2日間、自由に乗り降りできる。発売額は大人3440円・子供1720円で、新金谷~千頭間の往復運賃と同額。「自由」より大人180円・子供90円安い。急行料金は別途支払う必要がある。

「せっそ・すまた周遊きっぷ」は3月19日から発売。大井川本線と井川線千頭~接岨峡温泉間、路線バスの寸又峡線・閑蔵線を自由に乗り降りできる。2日間用と3日間用があり、発売額は2日間用が大人3900円・子供1950円、3日間用が大人4900円・子供2950円。こちらも急行料金は別途支払う必要がある。現在運休中の井川線接岨峡温泉~井川間が再開した場合は井川線を全線利用できるようにし、発売額も変更する予定だ。

これに伴い、「大井川自由きっぷ」は3月11日限りで販売を終了。「大井川全線フリーきっぷ」「接岨・閑蔵周遊券」なども3月18日限りで販売を終了する。「川根温泉ふれあいの泉クーポン」は引き続き販売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 千葉県内の鉄道やバスが2日間乗り放題…JR東日本、期間限定で発売

    千葉県内の鉄道やバスが2日間乗り放題…JR東日本、期間限定で発売

  2. 緩行線の線路を敷き、複々線の停車場に…工事中の登戸駅[フォトレポート]

    緩行線の線路を敷き、複々線の停車場に…工事中の登戸駅[フォトレポート]

  3. 東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

    東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

  4. 「いきものがかり」ライブで小田急ロマンスカーの特別列車運転

  5. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  6. JR東日本お座敷車「ふるさと」、8月にラストランツアー

  7. 【夏休み】東京モノレール、昭和島で車両基地の一般公開

  8. 583系が東大宮操、E653系が京葉車セ…ディズニー客輸送列車の回送先

  9. JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

  10. 大井川鐵道、今年も「トーマス」重連特別列車…新キャラ「バスのバーティー」と並走

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら