大井川鐵道、フリー切符などリニューアル…2種類に集約

鉄道 企業動向

大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の普通列車。
  • 「せっそ・すまた周遊きっぷ」では写真の井川線も利用できる。
大井川鐵道は3月3日、同社が発売しているフリー切符などをリニューアルすると発表した。新たに発売する「大井川本線フリーきっぷ」「せっそ・すまた周遊きっぷ」に集約する。

3月12日から発売される「大井川本線フリーきっぷ」は、現在の「大井川自由きっぷ」に相当するフリー切符。大井川本線金谷~千頭間を2日間、自由に乗り降りできる。発売額は大人3440円・子供1720円で、新金谷~千頭間の往復運賃と同額。「自由」より大人180円・子供90円安い。急行料金は別途支払う必要がある。

「せっそ・すまた周遊きっぷ」は3月19日から発売。大井川本線と井川線千頭~接岨峡温泉間、路線バスの寸又峡線・閑蔵線を自由に乗り降りできる。2日間用と3日間用があり、発売額は2日間用が大人3900円・子供1950円、3日間用が大人4900円・子供2950円。こちらも急行料金は別途支払う必要がある。現在運休中の井川線接岨峡温泉~井川間が再開した場合は井川線を全線利用できるようにし、発売額も変更する予定だ。

これに伴い、「大井川自由きっぷ」は3月11日限りで販売を終了。「大井川全線フリーきっぷ」「接岨・閑蔵周遊券」なども3月18日限りで販売を終了する。「川根温泉ふれあいの泉クーポン」は引き続き販売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

    西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  2. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

    JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  3. 【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

    【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

  4. 消滅していない? JR東海が東海道線で急行列車を運行

  5. 【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

  6. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  7. 【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

  8. JR北海道、車両の老朽化で在来線特急減便か…新車購入できるお金なく

  9. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  10. 北陸新幹線乗り入れ、敦賀駅大改造プラン…動く歩道でつなぐホーム

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら