大井川鐵道、フリー切符などリニューアル…2種類に集約

鉄道 企業動向

大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の金谷駅。
  • 大井川鐵道はフリー切符をリニューアルする。写真は「大井川本線フリーきっぷ」で利用できる大井川本線の普通列車。
  • 「せっそ・すまた周遊きっぷ」では写真の井川線も利用できる。
大井川鐵道は3月3日、同社が発売しているフリー切符などをリニューアルすると発表した。新たに発売する「大井川本線フリーきっぷ」「せっそ・すまた周遊きっぷ」に集約する。

3月12日から発売される「大井川本線フリーきっぷ」は、現在の「大井川自由きっぷ」に相当するフリー切符。大井川本線金谷~千頭間を2日間、自由に乗り降りできる。発売額は大人3440円・子供1720円で、新金谷~千頭間の往復運賃と同額。「自由」より大人180円・子供90円安い。急行料金は別途支払う必要がある。

「せっそ・すまた周遊きっぷ」は3月19日から発売。大井川本線と井川線千頭~接岨峡温泉間、路線バスの寸又峡線・閑蔵線を自由に乗り降りできる。2日間用と3日間用があり、発売額は2日間用が大人3900円・子供1950円、3日間用が大人4900円・子供2950円。こちらも急行料金は別途支払う必要がある。現在運休中の井川線接岨峡温泉~井川間が再開した場合は井川線を全線利用できるようにし、発売額も変更する予定だ。

これに伴い、「大井川自由きっぷ」は3月11日限りで販売を終了。「大井川全線フリーきっぷ」「接岨・閑蔵周遊券」なども3月18日限りで販売を終了する。「川根温泉ふれあいの泉クーポン」は引き続き販売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  5. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 「JR東日本アプリ」が進化、アクセス集中時に表示を変更

  10. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

アクセスランキングをもっと見る