アウディ、16年に「20の新型またはフェイスリフトモデルを市場導入」…シュタートラー会長 | レスポンス(Response.jp)

アウディ、16年に「20の新型またはフェイスリフトモデルを市場導入」…シュタートラー会長

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
  • アウディのルパート・シュタートラー取締役会会長
  • アウディ Q2
  • アウディ年次会見
  • アウディ SQ7 TDI
アウディのルパート・シュタートラー取締役会会長は3月3日、ドイツ・インゴルシュッタットにある本社で開いた年次報告会見で2016年にフェイスリフトモデルを含む20の新型車を市場投入する計画を明らかにした。

シュタートラー会長は「我々は2016年もさらに成長したいと思っている。20の新型またはフェイスリフトモデルを市場導入する」とした上で、まず「スポーティモデルでは『TT RSクーペ』、『TT RS ロードスター』、『R8スパイダ―』を導入する」と説明。

さらに「ミドルクラスでは『A4オールロードクアトロ』、『S4リムジン』を、『A5』シリーズではクーペ、そしてスポーティの派生モデルとなる『S5』も導入する」と述べた。

また「QファミリーからはQ7ではプラグインハイブリッドモデルの『e-トロン』、さらにはディーゼルエンジンに電気式コンプレッサーを組み合わせた『SQ7 TDI』。『Q2』はシティSUVとして今秋に欧州市場に投入する。これは全く新しい若い顧客に対しての訴求になる」と説明した。


《取材協力》
アウディジャパン
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品