【ジュネーブモーターショー16】スバル、次期 インプレッサ と XV に新プラットフォーム採用

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル XVコンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル XVコンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル XVコンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル プレスカンファレンス(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル プレスカンファレンス(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル プレスカンファレンス(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル プレスカンファレンス(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル プレスカンファレンス(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル XVコンセプト(ジュネーブモーターショー16)
3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、スバルは次世代モデルのデザインスタディである『XVコンセプト』を発表した。

「今日、私たちはXVコンセプトをアンヴェールします。本日、お見せするデザインの方向性は、次世代のスバル『XV』です」と、プレゼンターを務めた富士重工業の取締役専務執行役員の日月丈志氏は説明。

XVは2011年に欧州のスイス市場に投入されたモデルだ。そのスポーティでカジュアルなスタイルが受け、欧州とスイス市場において販売の30%を占めるまでに成長。また、スバルにとってクロスオーバーモデルは、世界市場の70%を占め、欧州では85%にもなっていると日月氏は説明する。

「2015年のスバルは世界的なセールスが7%増加しました。4年連続の増加は新たな記録となります。そして今年は103万3000台を目標とします。100万台を目指すのはスバルの歴史では初のこと」と日月氏。

その100万台突破のカギとなるのは、当然、新型モデルの存在だ。主力モデルである『インプレッサ』は2016年のフルモデルチェンジがアナウンスされており、その派生モデルであるXVも、それほどの時間をおかずにリリースされることが予測される。

「次世代のXVとインプレッサには新しいプラットフォームを採用する予定です。新プラットフォームの採用は、私たちのシンメトリカルAWDの信頼ある走りにおいて、重要なステップになることでしょう。みなさんにXVコンセプトを楽しんでいただけること、また将来的にもXVが成功することを期待しています」と日月氏は締めくくった。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

    【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  2. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

    【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  5. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  6. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  7. 【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…クーペと違う内外装

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. 史上最強の 911、市販に向け準備着々…再びニュルに

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら