【MINI コンバーチブル 新型】屋根は威張らず強く、ソフトトップにはあの模様も

自動車 ニューモデル 新型車

第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • ビー・エム・ダブリューMINIディビジョンプロダクト・マーケティング・マネジャーの岡田信之氏が説明。第3世代『MINIコンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
  • 第3世代MINI『コンバーチブル』発表(東京・芝、3月2日)
ひとまわり大きくなった新型MINI『コンバーチブル』は、その醍醐味であるルーフ部分に強さと洗練さが追加され、オプションであの模様も選べるという。「どこから見てもMINIだが、すべてが一新された」(BMWジャパン)という3代目の、進化した屋根を見ていこう。

角度の大きい前面窓を支えるAピラーは、先代モデルよりも剛性がアップしたという。同社MINIディビジョンプロダクト・マーケティング・マネージャーの岡田信之氏は、「この3代目には、万が一の横転時も客室内をできるだけガードできるように、超高張力鋼板が組み入れられた。これとあわせて、下回りの剛性確保のために、ブレースというタワーバー的なものをアンダーフロアのフロントとリアに採用した」という。

また、ハードトップモデルで好評のユニオンジャック模様(貼付)を、このコンバーチブル版でも実現するために、生地に模様を織り込んだソフトトップをオプションで用意。その生地に近づいてみると、黒い生地にV字のグレーが編み込まれているヘリンボーンが確認できた。

後席のヘッドレスト裏に目をやると、楕円形のスピーカーのようなものが見える。これがロールオーバー・プロテクション・システムの露出部分で、他社のオープンカーに付くアーチ型の厳つい部品と違い、客室空間に自然にとけ込んでいる。同社は、「インテリアと一体化させることで、MINIのシルエットをすっきりとし、クリアな後方視界にも貢献している」と伝えていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

    ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  2. メルセデス GLC クーペ、欧州受注開始…4万9444ユーロから

    メルセデス GLC クーペ、欧州受注開始…4万9444ユーロから

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. アウディ RS3 に400馬力セダン! ニュルで高速テスト

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

  6. 日産 GT-R 次世代型は、650馬力ハイブリッド!? 東京五輪イヤーに登場か

  7. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

  8. トヨタ スープラ 後継車、BMWエンジンにトヨタのハイブリッドか

  9. 日産 GT-R、レクサス RC FとBMW M4 と加速競争[動画]

  10. 【ジュネーブモーターショー16】レクサス LC500h、マルチステージハイブリッド新開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら