ヤマハ発動機、スポーツボードのフラッグシップモデル「242X E-SERIES」を発売

船舶 企業動向

スポーツボートの最上位モデル「242X E-SERIES」
  • スポーツボートの最上位モデル「242X E-SERIES」
ヤマハ発動機は、スポーツボートの最上位モデル「242X E-SERIES」を3月3日に発売した。

「242X E-SERIES」は、スロットルコントロールシステムの採用と、高級感のある外観、本格的なウェイクボードを楽しむことのできる装備を搭載したスポーツボートのフラッグシップモデルとなる。

新開発のDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)リモコンは、スムーズで容易なシフト操作とスロットル操作を可能にする。2基のエンジン回転数のシンクロ(同調)制御や、1本のシフトレバーで2基のエンジンを同時に操作するシングルレバーモード、GPSを利用したスピードコントロールなどの機能も搭載する。

また、ポリッシュドクロームのシフトレバーやリモコンボックスを採用するなど、デザイン性にも配慮した。快適なクルージングを実現する装備を充実するとともに、新デザインのゲートタワーの採用、3カ所に設置したウォーターバラストなど、本格的にウェイクボードが楽しめるトーイングボートとしての機能性を併せ持つ。

年間販売計画は130隻。価格は1183万7700円(本体と法定安全装備品類他価格、消費税抜き)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 日本マリン事業協会、「マリンカーニバル 2016 in アーバンドック ららぽーと豊洲」を開催…6月4・5日

    日本マリン事業協会、「マリンカーニバル 2016 in アーバンドック ららぽーと豊洲」を開催…6月4・5日

  2. 日本海事協会、ナカシマプロペラが開発したCFRP製プロペラの製造方法と設計を承認

    日本海事協会、ナカシマプロペラが開発したCFRP製プロペラの製造方法と設計を承認

  3. 商船三井、次世代型自動車船のデザインを公表…2017年デビュー

    商船三井、次世代型自動車船のデザインを公表…2017年デビュー

  4. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  5. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  6. 国交省、伊勢湾口沖に設置したGPS波浪計の運用を開始、津波観測地点に追加

  7. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  8. アメリカ海軍、横須賀に配備されたばかりの空母ロナルド・レーガンを公開[写真蔵]

  9. ジャパンマリン、国内フェリー初の高効率ハイブリッドCRP推進システム搭載大型船を受注

  10. 【ジャパンボートショー16】流麗なスタイルで目を引く、トヨタ・ヤンマーのクルーザー第一号

アクセスランキングをもっと見る