世界最速のEVスポーツ、SP:01…中国に第一号車を出荷

エコカー EV

中国に第一号車を出荷したデトロイトエレクトリック社のSP:01
  • 中国に第一号車を出荷したデトロイトエレクトリック社のSP:01
デトロイトエレクトリック社は2月25日、新型EVスポーツカー、『SP:01』の量産第一号車を、英国工場から中国に出荷した。

デトロイトエレクトリック社は1912年、米国ミシガン州デトロイトに設立。当時としては、画期的だった電気自動車を生産していた。ところが1930年代に、会社は消滅する。

2008年、英国ロータスエンジニアリングの元CEO、Albert Lam氏らによって、デトロイトエレクトリック社が復活。新生デトロイトエレクトリック社が送り出す最初のEVが、SP:01。

SP:01は、ロータス『エキシージ』のシャシーがベース。ミッドシップに積まれるモーターは、最大出力285hp。カーボンファイバー製のボディは、EVスポーツとしては世界最軽量に仕上げられる。パフォーマンスは、0-100km/h加速が3.9秒、最高速は249km/h。

2月25日、SP:01の量産第一号車を、英国工場から中国に出荷。中国の販売代理店、Jowett Motors社のリチャード・リー会長に、白いボディカラーのSP:01が引き渡された。同車は中国の見込み客に向けた試乗車として、活用されるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

    日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  2. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

    【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  3. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  4. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  5. 三菱リコール問題を一気読み

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  8. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  9. 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】尿素水の補給頻度

  10. プリウスPHV 超える燃費! BMW 3シリーズ 次期型は「50km/リットル」

アクセスランキングをもっと見る