【アウディ A4 新型】完成度と信頼性で選ばれた2つの2リットルエンジン

自動車 ニューモデル 新型車

アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディA4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
新型アウディ『A4』は、効率と性能を高次元でバランスした2種類の2リットルエンジンが搭載される。

FFモデルには、190馬力のミラーサイクルエンジンで、先代から33%向上した18.4km/リットルという燃費性能だ。そのトルクは320Nmで、「アイドリングの先からすぐに MAXトルクになるエンジン」とは、アウディ・ジャパンマーケティング本部プロダクトマーケティングの田代友康氏の弁。

クワトロでは 252馬力、370Nmの出力を持ち、「『A6』、『A7』の2リットルと同じエンジンを搭載している」という。

今回2リットルエンジンを導入した経緯について田代氏は、「アウディのエンジンラインナップの中で、信頼性と完成度が高く、かつ、燃費性能が高められて、エミッションに合うエンジンの中で、一番良いのが2リットルのエンジンだった」と話す。

また、FFモデルとクワトロモデルでエンジンを使い分けた理由は、「FFはそれほど出力はいらないので190馬力に抑え、どちらかというと市街地を走る方が多いと想定して、燃費型のエンジンにした」と述べる。そしてクワトロは、「街中だけではなく山道を走ったり、多少荒れたところをどんどん突き進んでいくような使い方で、かつ、走りを好きな方が購入するであろうから、252馬力まで性能アップしたエンジンを採用した」とし、同じ2リットルエンジンでも、エンジンの性格が違っており、差別化が図られていることを説明した。

なお、田代氏によると「今回からSトロニックがすべてのモデルに搭載されるので、先代までのCVTは完全にアウディのラインナップから消えた」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. トヨタ 86、『頭文字D』仕様が登場…英国

    トヨタ 86、『頭文字D』仕様が登場…英国

  2. 【レヴォーグ STI Sport】AMGのような位置づけ…スバル 中村亜人氏

    【レヴォーグ STI Sport】AMGのような位置づけ…スバル 中村亜人氏

  3. スズキ SX4 Sクロスに改良新型、大胆な表情をスクープ…ファンサイト

    スズキ SX4 Sクロスに改良新型、大胆な表情をスクープ…ファンサイト

  4. アウディ S5 クーペ 新型、354馬力ターボを解き放つ[動画]

  5. エスティマ のグレード選びにパパ苦心!? ママとキッズ、UVカットに完璧志向

  6. ポルシェ カイエン 改良型、雨の山道で“ひっぱる”姿[動画]

  7. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  8. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  9. ルノー アラスカン 初公開…ブランド初のピックアップトラック

  10. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

アクセスランキングをもっと見る