【ボルボ XC90 新型】インテリアもボルボ新世代デザインに

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
ボルボ『XC90』のインテリアは、エクステリア同様新しいジェネレーションのデザインになっている。

その特徴は、「横方向のラインを強調したシンプルなデザイン」と話すのは、ボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也氏だ。そしてその中で最も目につくのは、「センター部に配された新しいタッチ方式のコントロールディスプレイだ。この採用もあり従来型の薄型のセンタースタッグはなくなり、ガラッと異なる新しいスウェーディッシュデザインがちりばめられている」という。

そしてもう一つの特徴は、「ディティールへのこだわりだ」と岡田氏。例えば「センター部分にあるダイヤルは宝石のようにきらきらきれいなもので、これはダイヤモンドカットにインスパイアされたものだ」。また、このダイヤルがつく横方向のスイッチパネルは、「プロペラ機を前から見た姿がモチーフとなっている」と説明。これら新インテリアのデザインを主導したのはイギリス人のロビン・ペイジ氏で、元ベントレーのインテリアデザイナーで、その経験が生かされている。

リモコンキーも完全新設計だ。「質感の高い工芸品のようなものを採用した」と岡田氏。このキーの表面の加工は、インスクリプションとRデザインはその車両と同じシートカラーのシート素材がリモコンキーにも貼られ、好みによりウッドパネルを貼ることも可能だ。因みにこのリモコンキーのほかに、新たにコンパクトなキータグという小さなリモコンキーが用意された。岡田氏によると、「ある程度の防水機能が施されており、例えばジョギングの時に首からさげておいて、そのままクルマに乗り込んで出かけることも可能だ」と述べる。

また、T8ではスウェーデン、オレフォス社製のクリスタル製シフトノブが採用されている。「まるでコンセプトカーからそのまま出てきたようなものだ。これ一つをつくるのに14人の職人の手がかかっている。したがって二つとして同じシフトノブはない」とこだわりを語った。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品