JR四国、土讃線の新観光列車は『四国まんなか千年ものがたり』…来年4月から運行

鉄道 企業動向

来年4月から運行される『四国まんなか千年ものがたり』のイメージ。キハ185系を改造する。
  • 来年4月から運行される『四国まんなか千年ものがたり』のイメージ。キハ185系を改造する。
  • 車両は左側面と右側面でデザインを変える。
  • 車内のイメージ。
JR四国は2月29日、土讃線の新しい観光列車の列車名を『四国まんなか千年ものがたり』に決めたと発表した。2017年4月1日から運行する。

発表によると、キハ185系特急形気動車の改造車3両編成を使用。1号車を「春萌(はるあかり)の章」、2号車を「夏清(なつすがし)の章」「冬清(ふゆすがし)の章」、3号車を「秋彩(あきみどり)の章」と名付ける。車体外観は「春夏秋冬、1年の四季の移ろいを車両毎の色どりで表現」するといい、左側面と右側面でデザインを変える。

車内は「褐色木材の凜とした室内空間」とし、外観デザインにあわせたソファ椅子を設置。反対側の車窓も楽しめる座席配列にする。また、火棚をモチーフにした天井デザインで「古民家の味わい」を演出するという。トイレは多目的・女性専用・男性専用を各1カ所設置する。

運行区間は多度津・琴平~大歩危間。土曜・休日を中心に年間120日程度運行するほか、平日には貸切運行も行う。午前に運行する下り列車は『そらの郷紀行』、午後の上り列車は『しあわせの郷紀行』の愛称を付ける。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  4. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  5. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  6. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  9. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  10. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

アクセスランキングをもっと見る