【ジュネーブモーターショー16】シュコダ、ビジョンS 発表…PHVのSUVコンセプト

自動車 ニューモデル 新型車

シュコダ ビジョンS
  • シュコダ ビジョンS
  • シュコダ ビジョンS
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは2月17日、『ビジョンS』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

シュコダは2014年、コンセプトカーの『ビジョンC』を発表。小型の4ドアクーペを提案した。今度は、近い将来、シュコダのラインナップに加わる可能性のあるSUVの方向性を、ビジョンSで提示する。

ビジョンSのボディサイズは、全長4700mm、全幅1910mm、全高1680mm、ホイールベース2790mm。フォルクスワーゲングループの新世代車台、「MQB」をベースに、シュコダ初の3列シート6名乗りのSUVを構築した。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。エンジンは直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力156hp、最大トルク25.5kgm。モーターは前後の2個。フロント用が最大出力54hp、最大トルク22.4kgm。リア用が最大出力116hp、最大トルク27.5kgm。システム全体では225hpのパワーを引き出し、0-100km/h加速7.4秒、最高速200km/hの性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量12.4kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州複合モード燃費52.6km/リットル、CO2排出量45g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  5. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  6. アウディ A5 クーペ 新型、欧州での受注を開始

  7. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  8. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  9. 【ペブルビーチ16】BMW、謎のコンセプトカーを初公開へ

  10. 【グッドウッド16】ルノー トゥインゴ 新型に110馬力の「GT」…初公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら