【ジュネーブモーターショー16】シュコダ、ビジョンS 発表…PHVのSUVコンセプト

自動車 ニューモデル 新型車

シュコダ ビジョンS
  • シュコダ ビジョンS
  • シュコダ ビジョンS
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは2月17日、『ビジョンS』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

シュコダは2014年、コンセプトカーの『ビジョンC』を発表。小型の4ドアクーペを提案した。今度は、近い将来、シュコダのラインナップに加わる可能性のあるSUVの方向性を、ビジョンSで提示する。

ビジョンSのボディサイズは、全長4700mm、全幅1910mm、全高1680mm、ホイールベース2790mm。フォルクスワーゲングループの新世代車台、「MQB」をベースに、シュコダ初の3列シート6名乗りのSUVを構築した。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。エンジンは直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力156hp、最大トルク25.5kgm。モーターは前後の2個。フロント用が最大出力54hp、最大トルク22.4kgm。リア用が最大出力116hp、最大トルク27.5kgm。システム全体では225hpのパワーを引き出し、0-100km/h加速7.4秒、最高速200km/hの性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量12.4kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州複合モード燃費52.6km/リットル、CO2排出量45g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

    レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  3. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  6. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  7. BMW M4 がパワーアップ!? 「GTS」エアロ採用となるか

  8. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  9. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  10. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら